デンマークからほのぼのデザインのクロスステッチキットをお届けいたします。
ホームデンマークからのお知らせ
デンマークからのお知らせ
デンマークからのお知らせ:102
2005年04月19日
デンマーク料理は日本人の口に合わないこともないのですが、味はかなりおおざっぱです。主に豚肉や牛肉を焼いたものを塩やコショウで味付けてあとはジャガイモとちょっとしたサラダをつけて終わり・・みたいな感じのものが多いです。はっきりいってしまうと、とってもつまらないものが多いんです(;-_-;) 大きな誕生日やお祝い事に出されるメニューは大抵魚料理から始まります、冷たい魚料理を食べた後は暖かい肉料理にジャガイモ、そして最後にチーズやケーキを食べます。本当によく食べるデンマーク人、大食いの私でもチーズ料理まで満腹で行き着かないこともしばしばあります(*^^*)
2005年04月16日
レストランのお店の中はこんな感じです♪二階にも大勢のゲストを招待できるようなホールもあって雰囲気も400年前にタイムスリップしたような感じでした。地下にはちょっとしたバーもあって地下まで続く廊下も素敵!出されたワインを見てみるとお店のイラストの入ったワインでこれがとっても美味しい・・
私達の住んでいるアパートも市の重要遺産の建物で200年も前に建てられているんです、家の中はかなりゆがんでいてドアも閉められない状態なのですが、市民からとっても大切にされている建物なのでそれなりに大事に扱っています。このレストランはもっと古い歴史なんだと思うと本当に感心してしまいました。
2005年04月12日
今日はオーデンセので最も旧く歴史のあるレストランへ出かけました。見るからに重々しくて歴史を感じるこの建物、いつもすごいなーと眺めていたのですが実際に中に入ったのは初めてで、外見だけではなくお店の中の家具やインテリア、全ての物がアンティークで珍しいものばかりでした。1683年に建てられたこのレストランの歴史はとっても古くてレストランになる前は八百屋さん、靴屋、パンやさんそして1900年代に入ってからはお菓子やさん、そして1937年になってレストランに落ち着いたそうなんです。家具も椅子に何気なく1683年という彫りがされていて、400年もの前の椅子に座ってるなんてすごいなーと一人でニヤニヤしてしまいました。お料理も(デンマーク料理にしては珍しく・・)とっても美味しくてホッペタがとろけそうでした♪
*次回はお店の中の写真をアップしますね
2005年04月08日
日本からデンマークに戻ってきてはや1週間が過ぎました。1週間前には日本にいたなんてなんだか未だに夢のような話・・デンマークは2月にいたころとはうって変わり晴天の日が続いています♪日もかなりのびて、サマータイム(時計を1時間ずらす)にもなったにもかかわらず夜は8時ごろまで明るいです。さて、この時期になると我が家の壁からなんだかコリコリと壁をかじるような音がするんです、毎年同じ時期になると決まってカサカサ、コリコリ音がするんです、どうやらネズミのようなんですが未だに不明・・今朝も話をしていた旦那さんが急にシーッと言い出したのでよーく聞くと、今年もまたネズミが活動し始めたようです。デンマークはゴキブリはいないのですがネズミはいます。漫画でみるようなネズミ捕りを仕掛けて捕まえているのを見たことがあるのですが、かわいそうで結局遠くへ放り投げてまた家に戻ってくるパターンが多いようです・・・
写真は誕生日の時に出されたかわいいケーキ*ねずみと関係ないけど載せます♪
2005年04月06日
4月2日アンデルセンと同じ誕生日に知人の50歳のお誕生会へお呼ばれしていたので、旦那さんとプレゼントを用意して出席しました。デンマークでは年の節目(20、30、40歳など・・)に盛大な誕生パーティーを開きます。家族や友人を呼んで一晩中歌ったりダンスをしたりと自由気ままに夜を過ごします。お食事の間にもいろんな人がスピーチをしたりするのですが、その内容もさまざまです。小さな頃の思い出話しや彼女にまつわるエピソードまで、いろんな話が聞けて本当におもしろい!スピーチの後には旦那さんや友人が彼女のことを歌った替え歌をみなで一緒に合唱します。50年という彼女の長い歴史を歌で見事に表現されていて感動するばかりです。本当に生きていることの素晴らしさを実感する素敵なパーティーでした。
2005年04月02日
約11時間ものフライトを終え無事にデンマークへ戻ってきました。家にかえってびっくり!家の中がピカピカに掃除されていて流しや窓ガラスもまるで新品みたい!旦那さんに何があったの?と訪ねると家に招いた友人達がパーティーの時についでに家の中の掃除も手伝ってくれた・・とのことでした。デンマーク人は綺麗好きな人が多いけど、ここまでしてくれるとは・・よっぽど家が汚かったのかな(笑)だけど感激です。
さて昨日はアンデルセンの200歳のお祝いで、オーデンセで花火が打ち上げられると言う話を聞いて皆で出かけました、よっぽどすごい花火があがるんだろうなーという期待とはうらはらに、やけに質素でちっぽけな花火でした。去年に起きた大きな花火工場の爆発で花火を使い果たしてしまったのかな?花火は質素だったけど、きっと遠い空のかなたでアンデルセンも見ていたことでしょう。
*本日、オーダーいただいていた分のキットのナンバーを刺繍メーカーに提出しました。次回の発注は4月の中旬になります。
2005年03月28日
あっという間の日本滞在の1ヶ月、本当に今回は(今回も・・)食い倒れの旅となりました。日本を満喫しすぎて、お腹も常に満腹状態、回転寿司にも何度通った事か・・思い出に写真まで撮ってしまいました(笑)しばらく食べられないんだなーと思うと、いつの間にかお皿も高く積まれていました。大量の日本食とユニクロの洋服を買い込んでいざ、デンマークへ出発!デンマークも来る時よりはあたたかくなっているといいのだけどな。今後の予定は30日に静岡県を出発し31日に成田発、コペンハーゲン行きの飛行機に乗り、デンマークには4月1日に到着します。日本に滞在中にいただいたオーダーは至急4月2日に発注いたします、お時間いただきますがどうか皆さん首を長くして待っていてくださいね。
2005年03月24日
静岡県民でよかったなーと思うのは、天気が良い日には富士山を眺められることでこの日も近くの日本平にドライブして綺麗な富士山を眺めました。他の山に比べて富士山だけひょっこりと飛びぬけて高いのでその存在感はとてもあります。
帰りに買い物をしたのですが、着る服すべて(Lサイズなのに・・)きつーくて最後には試着室の中で姉に洋服を脱ぐのを手伝ってもらい大変でした。試着室を出て、泣く泣くあきらめた服が何着あったことやら・・数年前は38号のサイズの服も今では40号に膨れ上がり、かなりヤバッ。だけど驚く事にデンマークでは未だにSサイズで通ってしまうんですよ!日本人と外国人の体の大きさはかなり違うけれど、今回は本当にそれを体で感じました。
Sサイズだからまーいーか、と油断していたら大間違い、日本に帰ってきてから大変な目にあいます。日本人の女のはなんでみんなあんなに細いんだろ・・・・明日もまたゆったりサイズの洋服でも見に行こうかな。日本ではダイエットは無理そうだからデンマークに帰ったらガンバロッ!(←ここで宣言しておきます)
2005年03月19日
毎日まいにち実家で美味しいものを食べて幸せに過ごしているLykkeです。気候もあたたかいし日本は本当に最高ですね♪昨日は東京に住んでいる姉も帰ってきて久しぶりに家族オールスターの勢ぞろい、話も盛り上がって結局みんな夜中に就寝しました。デンマークに一人残された旦那さんも来週にはバレーボールの仲間を家に招いてパーティーを開くそうで、なんだかエンジョイしているかんじ♪毎晩のようにしているチャットで、先週は刺繍の取引先からなんだかカタログが届いていたよーと教えてくれました。気になって仕方がなかったのでWebcamで即座に画像を送ってーと頼むと左のような画像を送ってくれました。届いていたのはDMC2005の新しいカタログで、よく見えないけどなんだかかわいい!早くカタログみたいなー。
2005年03月16日
みなさんこんにちは、九州の旅を終えてやっと実家静岡県に帰ってきました。残りの2週間ちょっとエンジョイするぞ!と思いきや実家のPCの問題解決や家の掃除などに追われてなかなか忙しい日々を過ごしています。九州では祖母に会うことができて本当によかったです。何よりも驚いたのが祖母のいる施設の素晴らしい事!老人施設というとなんだか陰険な雰囲気を想像するのですが二人とも比較的に新しい施設にいるので、お部屋も個室でとても清潔、職員のみなさんもとっても親切で、これで安心してデンマークへ帰れるなーと思いました。やっぱり大事な家族だから安心して住みよい環境で生活してほしいですね。まだまだ日本ではすべてのお年寄りが同じような環境で生活できるわけではないので、やっぱり国民に平等な暮らしを社会が提供できたらもっと住みよい国になるんじゃないのかな・・・
写真は祖母の施設の廊下にあった素敵な色合いの椅子です。旅館みたいで本当に素敵でした。
2005年03月06日
東京地方も大雪になって天候もまるでデンマーク、もうとにかく外を歩くのがおっくうなくらいに寒い!だけどやっぱり東京観光したいのでブーツを履きこんで観光しました。なんだかニューヨーク(行ったことないけど)のような東京、見るものすべてが新鮮でかっこいい♪大きなビルの写真をとりまくりで、まさしくおのぼりさん。人も多いので流れにそって歩かないと大変なことに!Bogenseの田舎では牛や馬の横を通りすぎるのになれているけど、駅や町のさっそうと歩く人の合間を必死であるいて、なんだかとても疲れたけど充実した一日でした。それでは今から宮崎へ出発いたします♪
2005年03月03日
帰ってきました♪憧れの、そしてなつかしい故郷の日本へ!飛行機もとても快適で今回は搭乗券をもらう際に窓側にしてください、とお願いしたら、窓側の席が満席だったようでラッキーにもビジネスフレックスというビジネスとエコノミーの中間のとてもよい席を用意してくれました♪二日目の今日は東京に住んでいる姉のアパートへ数日間居候して日本食を満喫します。そして6日には宮崎に高飛びし、祖母に会いに行きます。そして静岡の実家へその後に帰ります。雑貨やお洋服もとってもかわいいものばかりで、目を丸くしてしまいました。本当に日本は物が豊かだなーと感じます。
日本語の書けない旦那さんにとりあえず実家のローマ字の住所を渡して、キットはすべてここに送ってね!と念を押してきました。今回は旦那さんにも日本であれこれ買ってきてと随分頼まれました・・Give and takeな関係こんな時に役に立ちますね♪発送のできるキットは15日頃に発送いたします、楽しみにしていてくださいね。(ちょっと早いけど、テンプレートを桜にしました。帰国するまでに桜が見たいな)
2005年02月23日
来週の火曜日から日本へ一時帰国が決まりました。実はとっても安いんですこの時期の航空券・・シーズンオフなので通常の半額ですし、しかもコペンハーゲンからの直行便で乗り換えなしの成田つ着!嬉しい限りです。空港には姉も迎えにきてくれるので嬉しさ倍増!帰国の期間は1ヶ月です(桜の花みれるかな?)いままでオーダーいただいたキットは在庫がそろっているものは今週には発送いたします。次回の発送はデンマークに一人寂しく?残っている旦那さんの力を借りて日本からの発送になるかと思います。(オーダーは通常通りお受けいたします♪)
1年ぶりの日本、本当に楽しみ♪家族や友人に会えること、
日本食を思う存分食べられる幸せ(食いしん坊なのでこちらがメンイ・・)いっぱい3月を満喫してきます。日本からの日記もできれば更新してみたいので楽しみにしてくださいね。
画像は去年1月に日本へ帰国した時家族でドライブした山頂から見える富士山です。(日本は静岡県出身です)
2005年02月16日
暖かい静岡県出身のLykkeは雪の生活にはまだ慣れません(泣)
車を運転するときも歩くときも慎重にゆっくりと歩かないと・・
いろんなうちの煙突からもくもくと煙がでていたりして家の中はとっても暖かいんだなーと思います。将来の夢は暖炉のあるおうちに住んで、ロッキングチェアーなんかに座って刺繍をすることかな?(←なんだか年寄りですね・・)今日は刺繍のお店を立ち寄ってキットを数点買いました。
やっぱりデンマーク独特の花糸は素敵だな♪DMCのようにつやっぽくはないのですが自然のそのままの色が素朴でとてもいいなと思いました。OOEも少しですが花糸の作品をだしています、DMC派の方も一度花糸で刺繍してみてください、不思議な魅力にとりつかれますよ♪
2005年02月15日
外は相変わらず雪がうっすらと積もっています。外は寒いけどデンマークの家の寒さに対する完備はばっちり!家もレンガでできているので温かさを保っているし、窓も2重、床には床暖房がついているし、さらに各部屋にはレジエーター(温度調節がついている暖房器具)もあるので、半そででも大丈夫なくらいです。Lykkeの家にはないけれど、ほとんどの家には暖炉までついているおうちもあるので、もう外には一歩も出たくなくなります。
キャンドルを何本か燈すだけで、お部屋もほんわか暖かくなるし、結構快適な冬を過ごせます。冬に日本へ旅行したデンマーク人の友達が、なんで日本の家はあんなに寒いんだー!と驚いていました。うーん、やっぱり木造でできている家とレンガでできている家自体が違うのかな??
2005年02月13日
ここ1ヶ月ちかく雪が降っていなかったのに、今日は久しぶりの大雪、天気予報でも土曜日から雪が降りますよと言っていたのであらかじめ雪かき用のシャベルをだしておいてよかった♪
天候は相変わらず曇りの日が多いのでこんな日は家にこもってステッチばかり、何時間もソファーに座ってチクチクしているのでお尻がくっついてしまいそう(笑)アンデルセン童話のキットにもとりかかりたいし、いろんな作品に手をだしたくなりますね。
2005年02月04日
童話作家で世界的に有名なHCアンデルセン、今年はそのアンデルセンの200周年の年にあたります。アンデルセンの生まれた街オーデンセでも連日のようにお祝いの行事が続いています。
アンデルセンの童話ってハッピーエンドなものばかりではないですよね、代表作の人魚姫、マッチ売りの少女、どれも悲しくてどこか現実的なストーリーばかりですよね。個人的に感動した話はもみの木の話です。クリスマスにとても綺麗に飾ってみんなに囲まれて幸せな気分になったもみの木はどうして自分がクリスマスの後に枯れ木として暖炉で燃やされてしまうのか分からなく、最後まで悩んで燃やされてしまうという話なのですが、人間の立場だけではなく、物や自然の視点に立って考えられるアンデルセンはとても感情豊かな人だったんだなと思います。
子供だけではなく大人もいろんなことを学ぶはずです、ぜひ皆さんもアンデルセンの童話を読み返してみてください♪
*写真はアンデルセンの生家の通りのおうちです。
2005年02月03日
オーデンセの街の中心部にあるスケート場、この日は朝早くて誰もいなかったけど、普段は子供達が元気にこのスケート場で滑って遊んでいます。デンマークはとっても平らな国、山が一つもないんです。デンマークで一番高い山(丘?)も確か200メートルくらいだったと思います。ノルウェーやスウェーデン、フィンランドの他の北欧諸国と違って雪もあまり降りません。だからデンマークでスキーはまず無理!みんな冬休みを使って他の北欧にスキーツアーに出かけるようです。
そういえば、スキーで苦い思い出があります。一度しか滑ったことがないのですが、どうしてもリフトに乗るのが怖くて乗ったらのったで、今度は降りれなくなり大変な思いをしました。
スキーツアー、私には縁のなさそうな話ですね。
2005年01月31日
まだまだ寒い日が続きますね、雪もうっすらと積もっていたのに少しの雨で溶けてしまいました。クリスマスやニューイヤーの大きな行事も終わってしまい、今は明るい春のイースターを待つばかりです。日本ではイースター際をあまり意識していなかったのに、デンマークに来てから興味を持ち始めました。
早く春にならないかな♪
2005年01月30日
デンマークで暮らしていてよく思うことはとにかくいろんなところでデンマークの国旗が見られます。誕生日はもちろん結婚式や銀婚式、ちょっとしたお祝い村祭りなど、いろんなところで大活躍しています。誕生日のパーティーではゲストにも分かりやすいように家の前から道路まで細かい旗が掲げられいることもよくあります♪
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス